岡竜之介のブログ

岡竜之介のブログです。

Airbnbで泊まってる宿とか日常の話 Everyday story such as accomodation by Airbnb

だめだ。
No.


一日一つ以上、何かしら情報を含む記事をポストするっていうのを自分に課してるんですけど
I am imposing myself posting articles containing information at least one a day


今日はホームパーティーがありまして
There was a home party today.



ワインを2杯飲んだことで、今完全に気持ち悪いんですよね。
It is completely disgusting now that I drank two cups of wine.



いや、まあ、そんなめちゃくちゃ気持ち悪いわけじゃないけど、
No, well, I'm not that bad,



f:id:agajo:20161114164635j:plain


f:id:agajo:20161114164716j:plain


f:id:agajo:20161114164743j:plain


こんな感じ。キャビアがガンガン出てますね。ヤバイ
Like this. Caviar is provided. It is amazing.


あと寿司がアメリカンスタイルで面白いですね。日本スタイルだと海苔は外側になきゃいけない。
Also, sushi is American style and interesting. Nori should be on the outside if it is Japanese style.


でも味は変わらないです。口に入れば同じ理論。
But the taste does not change. "The same as if in your mouth" theory.



で、まあ、これは偶然なんですが、今ここに日本人が何人かいます。日本語もガンガン飛び交ってる。
Well, this is a coincidence, but here are some Japanese here. Japanese language is also fluttering.


同い年が多くて親近感がすごい。
Several people of the same age came and I feel a sense of affinity.


大学の頃は、自分の一浪に関しては全然気にならなくて、同い年と一つ下とみんな混ざって同じ学年としてワイワイやってたんですが
When I was a college student, I was not at all concerned about myself being one year older. I was having fun as the same grade


その後休学だの留年だのして周りからさらに年が離れた結果、逆に同い年だけ特別に親近感を抱くようになりましたね。「本当に同じ学年の人たちだ!」みたいな。まあ、別にどうでもいいけど。
As a result of years of retirement and years further away from around, conversely, only the same age came to have a special feeling of close affinity. It's like "People in the same grade!" Well, it does not matter.



でまあ、ホームパーティーの話に戻りますが、全体で話すときは基本的に英語。なんだかんだ自分の英語力も上がってきている…と思う。多分。特に聞き取りに関して。会話に参加するくらいは、多少集中力を発揮すれば全然出来る。
Well, I will return to my home party story. Basically I use English when talking with everyone. I think that my English skill has been rising somehow. Maybe. Especially about listening. To participate in the conversation, I can do it if I concentrate a little.



こんな感じのホームパーティーが月一くらいで開催されてます。ワインとか飲めて非常に楽しいです。
A home party like this is held around the moon. It is very fun drinking wine.




そんで、この記事をダラダラ書いてる間に時間が経過して、今はルームメイトも家主もそれぞれ部屋に引っ込んで、僕がリビングで一人でこれを書いてます。
Then, as time passes while writing this article, now roommates and hosts both retract into the room, and I am writing this in the living room by myself.




ルームメイト寝るの早いんですよね笑
Roommates go to bed early lol


11時半とかにはみんな寝室に引っ込んでる。飲みに出かけてない限りは。
Everyone goes to the bedroom at 11:30. Unless they are going out for drinks.


もともと僕は一時とかまで普通に起きてるんですが、最近はルームメイトに影響を受けて、12時に寝るようにがんばってます。
Originally I got up till 1 o'clock but recently I was influenced by my roommate and I am trying to go to bed at 12 o'clock.


帰宅時間と記事の内容によっては時間かかることもあるけど。
It may take time depending on the time I go home and the content of the article.




あとはそうですね、食生活の話をすると
Well, then, I will talk about my diet.



スーパーで買える食材の単位が大きいです。
The unit of ingredients you can buy at the supermarket is big.



スーパーは、みんなファミリーで暮らしてると思ってるっぽい。
The supermarket seems to think that everyone is living in a family.


一人暮らしの人、というのは対象に入ってない。あんまりいないのか?
People living alone are not eligible. Is not there much?


いないとしたらなんでなんでしょうね。就職の考え方が日本と違うのかもしれません。
If not, why is not it? Perhaps the idea of employment is different from Japan.


それか地区の問題か。わかりませんが。
Or it's a district problem? I do not know.



では僕はどうしているかというと、そんな中でもなんとか見つけた安いサンドイッチをよく買っています。
So what I am doing is buying cheap sandwiches that I managed to find out.


サンドイッチと言っても、日本のコンビニにある食パンとレタスとハムみたいなものではなくて、もっとガッツリしたパンにレタスとハムが挟まったような奴です。
Even saying a sandwich, it is not like lettuce and ham are sandwiched between bread, just like in convenience stores in Japan. It is like a lettuce and a ham caught in a more firm bread.



あとはカップ麺か。ひどい食生活ですね。
And cup noodles. It is terrible diet.


ルームメイトにも指摘されました。「君はレンジであっためればすぐ食べれるようなものばかり食べてるね」みたいな。
Also pointed to by roommate. "You are eating something that you can eat immediately if you warm up in the microwave."




あと、そうですね、日本との違いというと…
Besides, yes, if I say the difference with Japan ...



マリファナの匂いはよくしますね。現物を見たわけではありませんが、匂いは覚えました。都市部を歩いてると頻繁に匂ってくるので。
I often smell marijuana. I did not see the actual thing, but I learned the smell. Because it smells frequently when walking in urban areas.



あとはホームレスが日本より多い気がします。日本でも多いですけど。
I feel that homeless people are more than Japan. There are many in Japan though.


たまに小銭をせびられます。こういうところは日本と違いますね。
They occasionally ask me for small change. This point is different from Japan.


そういう時はガン無視でもいいですが、僕は「あー…ノー、イングリッシュ。」と言います。そうするとすぐ立ち去ります。
I can ignore those times, but I say "Ah ... no ingurisshu(English)." Then they will go away soon.



そんなところでしょうか。
I think that's all.


僕の感受性がアレなのか、やっぱり働くとかしないと文化の違いに触れづらいのか、大して違いを見つけてないですね。
I do not know if my sensitivity is not good, or if I do not work, I can not tell the difference in culture, but I have not found much difference.



何か「こういうところってどうなってるの?」など質問がありましたら
If you have any questions such as "How about this point?"


この記事にコメントするか、Facebookにコメントするか、Twitterにリプライするか、
Comment on this article, comment on Facebook, reply to Twitter,

http://ask.fm/agajo995
こちらに投稿してください。匿名で質問できます。アカウントを作成する必要はあるけど。
Please post it here. You can ask questions anonymously. Although you need to create an account.


以上!!!
That's all!!!!

体験型科学館Exploratorium第二弾!!Experience type science hall Exploratorium second bullet!

いやあ、一回行ったんですけどね。
Well, I went once.


展示の数がすごくて、見きれなかったんですよ。
The number of exhibits was so many that I could not see all of them.



いや、多分、普通の人はそう何回も行かないと思うんですが
No, maybe an ordinary person does not go so many times



僕が体験型科学館を好きすぎてですね。
I am too overweathe experience type science museum



それぞれの展示をちゃんと内容を理解して見ようとしてしまうので、すごく時間がかかるんですね。
It takes a lot of time to understand the contents properly for each exhibit, so it takes a lot of time.


ということで、再度行ってきました。
So, I went again.



ちなみに第一弾はこちら。
By the way, the first bullet is here.
agajo.hatenablog.com




ということで展示をガンガン紹介していきます。
So I will introduce the exhibition to you.




Mirrors facing one point. It is like this when I do this with my eye and camera.




The insanely fine circumference rate table. If you put a figure of about six digits in the machine, that machine will find it from the table. Since it is a printed matter, there is no room for fraud.



It rolls smoothly



It is really interesting to see it actually.





The problem with this was out in the entrance examination of Tokyo University in the year when I fell. An interesting part of this exhibit is that where the magnet turns off and the handle idles. Prevent damage. Great.





Good.



In this area, there are many exhibitions that can not be done alone lolol




Barter bowl. When I bring something, I put the same or more valuable things. The chair is funny


ツイートしてない奴もあります。
Some have not been tweeted.


人が写ってるパネルを馬の絵に重ねて、人が馬に乗ってるようにするパズル。ヒント一発で解けました。こういうの良い。とても面白い。
A puzzle that makes people ride horses by overlaying a panel of people on a picture of horses. I solved it with one tip. Such a good one. very interesting.




ギリギリの位置にブロックを置いていくと、一番上のブロックの端が一番下のブロックの位置からはみ出す。写真自体が傾いてるからわかりにくいけどもw
As you move the block to the position of the limit, the end of the top block protrudes from the position of the bottom block. It is hard to understand because the photo itself is inclined lol






ビュフォンの針。投げてみたけど、数えるのが面倒で、それで終わっちゃったwwwww
Buffon's needle problem. I tried throwing it, but it was troublesome to count and it ended with that lolololol





竜巻発生機。名古屋市科学館にもありますね。
Tornado generator. There is one also at Nagoya City Science Museum.





モンティ・ホール問題を、出題者と回答者に別れて実際に試せる装置。何回もやらなきゃいけないのが確率系の問題を実体験する上で難しいところだなあ。
A device that can actually test Monte Hall problem, divided into a questionnaire and a respondent. The difficult point in actual experience of stochastic system is that we have to do it many times.





どっちを向いても自分が映る鏡と
You can see yourself wherever you look in this mirror



どっちを向いても自分が映らない鏡。
You can't see yourself wherever you look in this mirror





日本では胡散臭い意味を持つようになった「アハ体験」の展示。
発想一発で、この2つのボールを左右の端っこにそれぞれ持っていくことが出来ます。
Exhibition of "Aha experience" which became to have a distressed sense in Japan.
With one idea you can bring these two balls to the left and right sides respectively.


おわりにAfterword


やたらめったらツイートしてるのには一応理由があって
There was a reason why I tweeted so often.


このブログに動画を貼り付けたいんですよね。
I want to paste a video on this blog.


でもうまく貼り付ける方法がわからないので
But I do not know how to paste it well


現状、ツイッターに動画を投稿してそのツイートごと貼り付けるという方法をとってます。
Currently, I post a movie on Twitter and paste it with that tweet.


いい方法があったら教えてください〜
Please let me know if there is a good way ~

スタンフォード大学に行ってきました!I visited Stanford University!

考える人と考えない人 Thinker and No-Thinker

はじめに Introduction

スタンフォード大学に行ってきましたよ!
I went to Stanford University!


日帰りで行ける距離にあるなんてこともサンフランシスコに来てから知ったんですけどね。
I knew from being in San Francisco that I am at a distance that I can go on a day trip.


今回は一人ではなく、ルームメイトと2人で行ってきました。
I went there with my roommate and not alone this time.


事前調査とかいろいろ任せてしまって申し訳ない。大変ありがとうございました。
I'm sorry I leave it to various sources such as preliminary research. thank you very much.


先日はカリフォルニア大学バークレー校に行きましたね。
I went to the University of California at Berkeley the other day.


それについてはこちらの記事を。
About that, read this article.
agajo.hatenablog.com


行き方 Directions

Caltrainでthe Palo Alto Caltrain Stationまで行って、そこから無料シャトルバスでたどり着けます。か〜んた〜ん。
Go to the Palo Alto Caltrain Station by Caltrain and get there via a free shuttle bus. Easy.


(I will ride today as well Caltrain! Anyway it's great! It is not an electric train because there is no overhead wire. Is it diesel?)

ツアー Tour

まずはキャンパスツアーに参加。
First of all I participated in a campus tour.


学生さんが解説してくれます。
The student explains it.


東大でもそういうのありましたね。
There was such a thing in the University of Tokyo too.


この方、ずっと喋りながら後ろ向きに歩いて解説してくれました。
He told us walking backwards for a long time.


途中自転車にぶつかりそうになってたけど、大丈夫なのかな。
She was about to hit a bicycle on the way, but I wonder if it was okay.



内容は、建物や庭園の解説や、スタンフォード大学の歴史について、授業やクラブ活動についてなど。
The contents were explanations of buildings and gardens, about the history of Stanford University and about classes and club activities.


スタンフォード大学の正式名称って「リーランド・スタンフォード・ジュニア大学」で
The official name of Stanford University is "Leland Stanford Junior University"




大富豪のスタンフォード氏が早死した息子の名をつけた大学なんですって。知ってました?
Stanford University is a university named after a millionaire Stanford's son who died earlier. Did you know that?




協会 Church

学内に協会があって、観光客に開放されてました。かっこいい〜
There was a church in the university, and it was open to tourists. Cool

売店 Book Store


(I am at Stanford's shop. It's red, is not it ~)


そう言えば UC Berkeley の売店は青かったですね。
That said, UC Berkeley's shop was blue.

UC Berkeley と Stanford は互いにライバル視していて、アメフトの大会なんかはすごいらしいです。東大生の僕にはあんまり関係ない話ですね。
It seems that UC Berkeley and Stanford are competing with each other, and American football tournaments are amazing. It is a story not much related to Tokyo University students.

見なかったけど、Stanfordにもフラタニティとかあるのかな。
I did not see it, but I wonder if Stanford has fratanities or something.

タワー Tower

タワーに登りましたよ。
We climbed the tower.


UC Berkeley では何故か会議をやってて登れなかったのですが、今回は登れました。
UC Berkeley held a meeting for some reason so I could not climb, but this time I could climb.


面白いのが、スタンフォード大学の建物はみな同じ色・デザインをしていて
The interesting thing is that all the buildings at Stanford University are designing the same color and design

そのせいで展望台からどっちを向いても景色が似たり寄ったりでした。
Either way from the observatory, the scenery resembled.




医学部 Faculty of Medicine



(Mug cup to insist on being a parent of Stanford University Medical School student)



病院 Hospital

大学病院も見てきました。
I also saw university hospital.


一緒に行ったルームメイトが医者で、病院も見ておきたいということで。
The roommate I went with was a doctor and he wanted to see the hospital.

美術館 Art Gallery



創立者一家。
Founder family.



カッコイイ階段。
Cool stairs.



(Thinker and No-Thinker)



日本の仏像も展示してありました。手が…ないけど…。
Buddha statues of Japan were also exhibited. The hands are not ...

おわりに Afterword

今日は一日中、ツイッターで英語と日本語間のGoogle翻訳の精度が跳ね上がったという話題が盛り上がっていたので、この記事を書く時に早速使ってみました。めちゃくちゃ使いやすいですね。多分、僕が自力で書いていた昨日までの記事よりも読みやすい英語になっていることでしょう。時々、「そう解釈したか!」みたいなのが混ざってて面白かったですけどね。文脈なしで複数解釈可能な文章を正しく解釈するのは無理だよなあ。
Today, the topic that the precision of Google translation between English and Japanese jumped up was exciting on Twitter all day, so I tried it immediately when I wrote this article. It is insanely easy to use. Perhaps, it will be easier to read than I posted yesterday that I was writing on my own. Sometimes, it was interesting that I thought like "It interpreted so!". It is impossible to correctly interpret ambiguous sentences without context.

ゴールデンゲートパークでローラーブレード!Rollerblades in Golden Gate Park


ゴールデンゲートパークの近くに、ローラースケートやローラーブレード、自転車などを貸してくれるお店があります。
There is a rental shop near Golden Gate Park. We can rent rollerskates, rollerblades or bikes.


今日は、そこでローラーブレードを借りてゴールデンゲートパーク内で滑走してきました。
I rented rollerblades and skated in Golden Gate Park today.


ゴールデンゲートパーク内は公道が走っているので、その歩道を滑っていく感じですね。
There are roads in the Park and I saketed on the sidewalks.



(I managed to take this movie with skating.)


ゴールデンゲートパークについてはこちら。
about Golden Gate Park, read this(Japanese Only).
agajo.hatenablog.com



ちなみに「ローラーブレード」っていう言葉はブランド名みたいですね。一般名は「インラインスケート」。
By the way, "Rollerblade" is the name of a brand. The general name is "inline skate".



僕のスキル My Skills


僕のローラーブレードスキルはというと、舗装されたローラースケート用のトラックで、そこそこ滑れる、というくらいです。
I can skate in a track for rollerskating.


得意技とかはありません。スラロームみたいなのもできません。
I don't have any special technics such as slalom.


ブレーキは右足のかかとを使います。
When I have to stop, I use heel brake.



まあ、ある程度すべれるし、普通にアスファルトの道すべっても、なんとかなるでしょう!!
I think I can skate on an asphalt road because I can skate on a track!


舗装トラックと一般道の違い The Differencies between Road and Track

まあ、結論から言うと、びっくりするくらい違いましたね。
In conclusion, there were a lot of differencies.


振動 Vibration

最初に気づく大きな違いは、足から伝わってくる振動です。
I found that the vibration on my feet was very different.


舗装トラックではスイスイ滑らかに滑れるんですが、アスファルトではその凹凸が全て振動として足に伝わってきます。
I can skate smoothly on a track, but on the asphalt, the roughness makes my feet vibrate.


それがずーーっと続くので、めちゃくちゃ疲れるんですよ。ガタガタガタガタガタガタガタガタ……
The vibration continued while I'm skating and I got tired much.



そして、普段は特に気にしないけどもローラーブレードだと大きな影響をもたらすのがこちら。
When skating, this thing has a great effect.


そうです。点字ブロックですね。
Yes. Braille blocks.


これに突っ込むと、ローラーを持ってかれて急減速するんですよ。
When skating on this, the rollers get caught and lose their speed.


足元だけ急減速するものだから、上半身はそのまま前に突っ込んで、転びそうになります。
Because only the shoes lose their speed, the bust still continues to move forward and I get going to stumble.


恐ろしい。
Scary.

任意の場所ですぐ止まれなきゃいけない I had to stop soon whenever I want to


公道なので、当然人や車がいます。
There were people and cars, of course.


すると当然、減速して止まらなきゃいけない場面というのが出てくるわけですが
Sometimes I had to lose my speed and stop.


屋内トラックのように周囲に手すりがあるわけじゃないので、
However, unlike inside tracks, there weren't balustrades.


なにもない所で止まる必要があります。
So, I had to stop without balustrades.


これが、できない!!
It was difficult!!


いや、というのもですね
because...


この右足のヒールブレーキが、すり減ってあまり効かなかったんですよね。
this heel brake was wore out and didn't work well.


トラックなら、効かなきゃ効かないでどこかに突っ込めば嫌でも止まりますが、公道ではそうはいかない。
If I were on a track, I could stop by using balustrades.



ちなみに、逆にまったく滑れない場所というのもあって。
On the other hand, there was places where I couldn't skate at all.


(I can walk on the grass even when wearing rollerblades.)


坂がある Slopes

当たり前ですが、坂があります。
Of course, there were slopes.


でも、僕がローラーブレードで滑りながら坂を見た時は
When I saw a slope, I thought


「うわああ!!坂がある!!!」ってなもんでした。
"Oh my God!!! There is a slope!!!!"


上り坂はなんとか登れます。加速が鈍くなるだけで。
I could climb up the slope.



問題は下り坂。
The problem is when to go down the slope.


ブレーキスキルがあれな僕にとって、下り坂はめちゃくちゃ怖いです。
It's very scary because I couldn't stop well.



これ、わかりにくいですが、向こう側に向かって下り坂になってます。
There is a down slope in this picture.


こうなってくるともう、この先に行けないわけですよ。
In the places like this, I couldn't go forward.


…まあ、行ったけどね!!
However, I went!

結果 Result




キズパワーパッド行きになりました。
I used adhesive plasters.


長袖着て手袋してれば、転んでも怪我は防げたね。スキルもあれだけど、服装も、なめてた。
I should have wore long sleeves and gloves.


プロテクターを全部してたのは正解だったね。後ろに転んだから膝プロテクターは機能してないけど、手のひらと肘は機能してたわ。
It was good that I was using protectors. Because I fell down backward, the knees' protector didn't work, but palms' and elbows' worked.


ということで、ずっこけて怪我したあとは、おとなしく帰りましたとさ。
Then, I returned home.


帰りましたとさ、って言っても、行った距離だけまた滑って帰るんだからね。そういうところまで慮(おもんぱか)ってくださいね。
To return home, I had to go back the same distance I went. Please think about it.

終わりに Finally


最初に公園に入ったときには気づかなかったんですけど
When I entered the park, I didn't notice, but...


レンタルショップからゴールデンゲートパーク内に入ってすぐの所に
There was a track in the park near the rental shop.


トラックがあったんですよね。綺麗に舗装されてめちゃくちゃ滑りやすい場所が。
It was paved well.


あれ、これ、ここでやれってことじゃないの?
It may be .... I should skate here?


パーク内の歩道をローラーブレードで滑ってる人ってひょっとしていないんじゃないの?
No one skates on rollerblades in the park on the sidewalk ...???


ん〜?????
hmm...????


ちなみにこのゴールデンゲートパーク、日曜日は車両進入禁止になって車道がすべて歩行者、スケーター、チャリダーに開放されます。
On Sunday, cars aren't allowed to enter the park. Pedestrians, skater and biker can use the driveway.


日曜に行くのが正解だったか…?
Should I have gone on Sunday...?

ケーブルカーの仕組み紹介いろいろ How the Cable Car Works

ケーブルカーミュージアムに行ってきて仕組みをいろいろ知ったので、その辺の紹介をします。
I went to the Cable Car Museum and learned how it works. I'll explain them.

ケーブルカーミュージアム自体の紹介はこちら
About Cable Car Museum itself, read this.
agajo.hatenablog.com

ケーブルカーが通っている場所 Where Cable Cars Are

サンフランシスコのケーブルカーは、3つの路線があります。
There are 3 cable car lines in San Francisco.

http://cablecarmuseum.org/images/info/SFMap-jgWEB.jpg
(image from:http://cablecarmuseum.org/routeMap.html)

これに対して、張られているケーブルは4本あります。
On the other hand, there are 4 cables under ground.

f:id:agajo:20161110113735j:plain
(picture took in the Cable Car Museum)

見辛いですね。高解像度の写真は実際にケーブルカーミュージアムで確認してください。
I know it's difficult to read. If you want to see better picture, visit the museum.


路線によっては複数のケーブルにまたがってるので、途中で掴むケーブルを変えるわけですね。
Some lines use multiple cables and they have to change the cables they grip.


そしてこれらのケーブルは全てケーブルカーミュージアムを通っていて、
These cables pass through the museum,

すべてのケーブルの動力源はこのミュージアムにあります。すご。
and there are power sources of all cables in the museum. Amazing.


掴んだり離したり Gripping and Releasing

ケーブルカーの運転手は「グリップマン」と呼ばれていて、ケーブルを掴んだり離したりする操作をしています。
The driver of the cable car is called "Gripman", who operates gripping and releasing the cable.


もちろんグリップマン本人がケーブルを掴むわけではないですよ。彼はレバーを引いたり戻したりします。
Of course, Gripman himself doesn't grip the cable. He uses a lever.


それにはかなり力が必要なので、グリップマンは屈強な男が多いです。でも女性もいるらしいです。
Because it needs very strong power, Gripmen are basically strong men. However, there are some Grip Women.


発進時には、ケーブルを滑らせながら段々強く掴んでいって、加速していきます。
When it starts to move, the gripping gets stronger and stronger with slipping the cable.


マニュアル車クラッチ操作とまったく同じですね。
This mechanism is the same as the clutch operation of a stick-shift car.


止まる時はケーブルを緩めて滑らせつつ、ブレーキをかけます。
When it stops, they put on the brakes with loosing and slipping the cable.


途中の停留所では、完全に止まった後もケーブルを完全に離すのではなく、再発進に備えてすぐ掴める位置にキープしておきます。
At the stops, even after the car stopping, it doesn't release the cable completely. They are holding the cables in order to restart smoothly.


カーブ Curves

ケーブルカーって途中でカーブしてるんですよ。意外じゃないですか?
There are curves on the cable car lines. Isn't it surprising?



当然、このカーブの下にはケーブルが張ってるんですが、
There are the cables under the curves.


「カーブでは掴む装置と滑車がぶつかっちゃうじゃないか!」って思いません?
Don't you think that "The gripping mech and the sheave are colliding!"?


まあ、その考えてでいくと、直線でもケーブルを支えるための滑車と掴む装置がぶつかっちゃうわけなんですけど
If you think so, the gripping mech and the sheave supporting the cable would collide even in the straight.


実は、よく考えると、ケーブルって一時的に滑車から離しても良いんですね。
Actually, the cable can be detached from the sheave.


ケーブルカーが通過する時には、ケーブルカーがケーブルを掴んで滑車から引き離してるわけです。
When the cable car goes, the car grips the cable and detach it from the sheave.


で、通過し終わると、ケーブルは自然に再び滑車に接する。
After that, the cable naturally meets the sheave again.


…想像ついてます?
Can you imagine...?


ただし、すべてのカーブでケーブルがちゃんとカーブに沿ってるわけではなくて、
However, in some curves, there isn't cable under ground along the curve.


一度ケーブルがカーブから離れるために、ケーブルを離して慣性走行する場所もあります。
They are called let-go curves.

交差 Crossing

サンフランシスコには、ケーブルカーの路線同士が交差する場所が一箇所だけあります。
There is a cable crossing.


f:id:agajo:20161110120605p:plain


写真を撮ってくるのを忘れたのでGoogle Street Viewより。こんなこと出来るなら自分で行く必要ないですね。
Because I forgot to take a picture, this is from Google Street View. Because I can do this, I don't need to go there.



いや、ありますね。体験したいからね。
Yes, I need. I want to experience.


この地下では当然ケーブルが交差しているので、下側のケーブルを使ってるケーブルカーは一度完全にケーブルを離す必要がありますね。
In the crossing, the cable car has to release the cable completely.


すると動力がなくなるので、そこまでに獲得していた運動エネルギーで慣性走行するわけです。
It needs to move by using its kinetic energy.


途中で止まろうものなら、交通量の多い交差点の真ん中でケーブルカーを押す羽目になります。
If it stopped there, it would have to be pushed in the busy crossing.


ここが一番テクニックが必要な気がしますね。
I think this is the most difficult point.




動力部



(the power sources of all the cable cars)

ケーブルの系統が4つありますね。
There are 4 cable lines.

そしてそれぞれ、2つの車輪が横並びになってるのが見えます。
There are 2 sheaves next to each other.


この横並びのうち画面奥側の車輪が動力車輪です。
The one in the back side is motorized.


手前の車輪は滑車(空転している)で、これがあることでより長くケーブルを動力車輪に接触させることが出来ます。
The one in the front side is idling. Because of this, the cable can be touched longer.


そうして摩擦を稼いで、動力をケーブルに伝えてるわけですね。
By doing so, the cable can get friction and power.


一瞬、「あれ、摩擦力は接触面積と関係なく、垂直抗力だけに依存するのでは?」と思いましたが
I instantly thought "the friction is not related to the contact area and depends only on the normal component of the reaction."


ケーブルの単位長さあたりの車輪に対する垂直抗力が一定とすると、接触長さを伸ばすことで垂直抗力は大きくなりますね。
Assuming the normal component of the reaction per unit length is constant, the normal component of the reaction can be bigger by making the contact length longer.

テンショナー Tensioner



これはテンショナー。
These are the tensioner.

この車輪は位置を変えることが出来て、ケーブルの張りを調整するわけです。
These sheaves' positions can be changed in order to adjust the tensions of the cables.


変速のついてる時点しゃなら、多分後輪のあたりにテンショナーが付いてます。知ってますか?
You can see the tensioner near the rear wheel of your bicycle, if it has speed change gear.


自転車のチェーンもケーブルカーのケーブルも、使ってるうちに段々伸びてきます。
The chain of the bicycle and the cable of the cable car stretch while using.


自転車の場合はチェーンが破損するか伸び切ったら交換しますね。
In the case of bicycle, you change the chains if it get too long or damaged.


このケーブルの場合は、伸び切るよりも、グリップや滑車との摩擦で傷んで交換するようです。
In the case of the cables, they are changed when damaged by gripping or friction against sheaves.


ケーブル交換 Change Cables


ケーブル交換の仕組みがやっぱり気になりますよね!
You definitely interested in how to change cables.


このケーブル、数kmの長さがあるんです。それをどうやって交換するのか。
These cables' length are a few kilometers. How to change them?


具体的には、古いケーブルをいちど切って、そこに新しいケーブルをつなぎ合わせて、動力車輪を回します。
At first, they cut the old cable and connect with new one. Then, make the motor move.


すると、新しいケーブルは古いケーブルに引っ張られて街中を巡り、やがて戻ってきますね。
The new cable goes around the city by being pulled by old one, and gets back.


そしたら、新しいケーブルの端をつなぎ合わせて一本の輪にするんですって。
In the end, they connect the ends of the new cable and make one ring.

超見てみたい。
I want to see it.

終わりに Finally

で、まあ、ここまで書いてから気付いたんですけど、
I noticed this after writing this article...


今日説明したような話は全部このホームページに書いてありました。
All the story I explained are on the website below.

日本語で説明した意味はあると思うけど、英語で書いた分に関しては「ここ読んどいて」で良かったじゃねーか!!!!
I think it's worth to write this in Japanese. However, about English it's better to read the website!!!

www.cablecarmuseum.org

ケーブルカーミュージアム Cable Car Museum

ケーブルカーミュージアムに行ってきました!
I went to the Cable Car Museum.


そんなに広くないんですが、中身が詰まってて非常に面白いです。
It is not so big, but there are a lot of interesting things to see.

行き方 How to go there


ミュージアムに行く時はもちろんケーブルカーを使いました!
I used the cable car, of course.


しかも、前回乗った時にはできなかった「エッジ乗り」です。
I got on the "edge" of the car. I wasn't able to do it when I got on it the last time.



(It's very fun to get on the edge!!)




ケーブルカーの概要 About Cable Car

サンフランシスコのケーブルカーは、地下に走って常に動いているケーブルを、車体から掴むことで推進力を得ています。
The cable car in San Francisco moves by gripping the cable under the ground. The cable is always moving.



ということはですよ!!ケーブルカーが走ってる場所の地下に、クソ長いケーブルがぐるーっと張られてるわけです。やば。
It means that There are very long cables under the ground where cable cars runs. crazy.


全部で4本のケーブルが張られていて
There are 4 cables.


それぞれの長さは数kmくらい。
Each cable is about a few kilometers.


そして、それらのケーブルはすべてこのケーブルカーミュージアムにあるモーターで動かしてます。
All the cables are moved by the motors in this museum.


うん、まあ、仕組みは理解できるんだけど
It is true that I can understand ...


規模がすごいよね?一周数kmのケーブルをずーっと動かし続けるという。
However, the scale is huge! Always moving the a few kilometers long cables!

ケーブルカーミュージアム Cable Car Museum


ケーブルカーミュージアムの外観はレンガ造りです。
The appearance of the museum is made of bricks.


建物自体も結構古い。
The building itself is old.


外観。昔はケーブルカーを蒸気機関で動かしていて、煙突はその名残らしいです。
Appearance. Cables was moved by steam engines. The chimney is the remain.




歴史的を紹介するパネルとか、昔使われてた車体の一部とか。
They explain the history.



仕組みを紹介するパネル。
This panel explains how it works.


仕組みについては次の記事で説明したいと思います。長くなりそうなので。
I'll explain how it works in the next article. It will be long.





「サンフランシスコ地震」の当時の写真をスライドショーで見せてくれる古い機械。クォーター硬貨で動きます。左の奴は動いてなかったけど。
You can a slide show about San Francisco Earthquake by using this machine. A quarter coin is needed. The left one was out of order.





消耗するケーブルやブレーキなどの展示。当たり前ですが、金属もすり減るもんですね。
Cables and brakes which wear out. Of course, metals wear out.




物販。
You can buy souvenirs.




ケーブルカーミュージアムの地下。ここからケーブルが街に向かって伸びてます。面白い。
Under ground. The cables go to the town from here. Interesting.




上の階は車両基地になってます。上の階と言っても、ミュージアム横の急な坂道からそのまま入れるようになってます。流石サンフランシスコ。
There was a yard upstairs. The cars can enter here from the steep slope. It's very San Francisco.




以上です。この記事で説明しなかった「仕組み」については次の記事で解説したいと思います!いろいろ面白かったので!
That's all! I'll explain how it works in the next article. That was very interesting.

フィッシャーマンズワーフ Fisherman's Wharf


ケーブルカーに乗ってフィッシャーマンズワーフに行ってきました!
I went to the Fisherman's Wharf by cable car!


その名の通り、漁港なんですが
It's a fishing harbor as its name suggests.


海沿いに飲食店やお土産屋が立ち並ぶ観光地になってます。
It's a site spot and there are a lot of restaurants and souvenir shops.


サンフランシスコの中心の Powell 駅からケーブルカーに乗るとここに着くので、
You can get there by cable car from Powell station, which is the center of San Francisco down town.


そのルートで観光する人も多いでしょうね。
I think a lot of tourists use this course.



これがフィッシャーマンズワーフの写真です。
This is a picture of the Fisherman's Wharf.


ポケモンがひしめいてますね。
Many pokemons are crowding.



この中で僕が興味あるのは、ニドラン♂ケンタロスだけです。
I'm interested in only Nidoran♂ and Taurus in these Pokemons.


はい。
OK

ポケモンGOの話はどうでもいいですね。
I know you are not interested in my talking about Pokemon Go.



これが有名な太陽みたいなマークです
This is the famosu mark like the sun.




鳩とカモメがごちゃまぜでたくさんいます。
There are many pigeons and gulls.


観光客の一人が食べ物を落とした瞬間、鳩とカモメが一斉に駆け寄ってすごいことになっていました。
When one of the tourists dropped foods on the ground, pigeons and gulls rushed and it was messed up.




向こうにはアルカトラズ頭が良く見えます
It's Alcatraz.

アルカトラズ島の港は向こう側ですね
The fort of Alcatraz is the other side.



ここでクラムチャウダーを食べましょう
Let's eat clam chowder here.

フィッシャーマンズワーフに来た人はクラムチャウダーかカニを食べなければならないと法律で決まっています。
It is decided by law that when you come to Fisherman's Wharf, you have to eat cram chowder or crabs.



これで$10ちょっとしたのですが、普通に店内にウォーターサーバーがあったので、水を買ったのが余計でしたね。
This costed $10 and more. There was a water server in the restaurant, so buying a bottle of water was my mistake.



完全に上手い。
Perfectly delicious.




近くにお土産さんがいっぱいあったり、個展みたいなやつが開催されてたりしました。
There were a lot of souvenir shops and private exhibitions.


ストリートミュージシャンの音楽も雰囲気に一役買ってる。
The music by street musician makes very good atmosphere.




とにかく。フィッシャーマンズワーフは雰囲気がとても良いです。一度ベンチに座って落ち着くと、しばらく動けなくなってつい長居してしまいます。
In conclusion, Fisherman's wharf has very good atmosphere. Once you sit on a bench and get easy, you can't move any more.


あと今気づいたんですけど、「太陽みたいなマーク」とか言った奴、あれ、カニと舵輪ですね。
In addition, I've realized now that the "a mark like the sun" I said represents a crab and a wheel.